新型デベロップモニタ

デベロップモニタが操作パネルと一体化!

データは自動保存で操作は簡単

ミキシングデータは自動保存。ミキシングデータおよび生地温度の客観的なデータが保存されます。
ファイルネームは時刻をもとに自動的に生成。バッチNo(通し番号も付きます)
操作は簡単。ミキサオペレータに負担はかけません。

設置場所削減

操作液晶パネルと一体化したため、設置場所を取らなくなりました。
設置スペースが少ない場所でも大丈夫です。

液晶操作パネル非搭載機につきましてはご相談ください。

ミキシングの異常をお知らせ

お客様標準の生地データと重ね書きすることにより、ミキシング時に標準グラフと比較して異常が発生すると、自動的に警報(警報ランプおよび音)でオペレータに知らせます。
(デベロップおよび生地温度各々に設定可能なので、お客様の現状に合わせた管理が可能です。)

データ管理が容易

過去データの検索機能も充実。グラフの確認によりミキシングの検証も容易。
またデータはCSV形式により保存されますので、パソコンを接続することによりデータの抽出も容易。

デベロップモニタ導入によりこんなことができます

ミキシング中に過去のミキシングデータとの重描きができますのでリアルタイムでミキシングの最適化検討ができます。

生地温度変化および生地状態変化(デベロップグラフデータ)による客観的なデータの管理保存を行います。
これにより、

  • 材料の季節変動によるミキシングの調節検討
  • ミキサオペレータの新人への作業移行の短期間化
  • 材料投入忘れなどによるミキシング異常の警報
  • 新配合のミキシング検討などが可能となります。

標準仕様でデベロップグラフ、生地温度、モータ電力を表示・記録可能。

データはCSV形式で保存(ユーザーにて表計算ソフトにてさらに解析検討可能)

操作パネル

液晶操作パネルで40アイテム(標準)の製品が設定可能。
各アイテムにお客様の標準グラフおよび警報条件をセットできます。
今までオプションだったミキシングステップごとの温度設定機能も標準で備わっています。

冷却水弁制御システムが装備されている場合の連動機能です。

デベロップモニタ仕様

寸法 タッチパネルの大きさに制約があります
詳細はご相談ください
標準表示 ・生地温度
・デベロップグラフ
・ミキサモータ電力グラフ(選択表示)

デベロップモニタ MULTI

より高度なデベロップ解析をしたい場合、およびセンサ類を多数搭載させたい場合、別置きタイプを望まれる場合はデベロップモニタMULTI(マルチ)をご用意します。
弊社までご相談ください

各種お問合せについて

こちらからお問合せ内容をお選びください。

弊社の品質システムは
ISO9001:2008認証されています。

ページ先頭へ